<h1>〜<h6>タグの意味と使い方

HTMLリファレンス

<h1>〜<h6>タグは見出しを付けるのに使用します。

h1〜h6要素は、それが見出し(heading)であることを表します。1〜6の数字は見出しの改装を示しており、h1が1番上の階層の見出し(大見出し)、h6が6番目の階層の見出しというように6段階まで用意されています。
一般的なブラウザでは特に何も指定しなくても階層が上の見出しほど大きく表示されますが、これはCSSを適用していない状態でも見出しのおよその階層がわかるようにするための措置であり、HTMLの仕様でこのように表示することが決められているわけではありません。見出しの大きさや具体的な表示方法は最終的にはCSSで指定しますので、表示される大きさによって使用する見出しを選ぶのではなく、必ず文書構造の実際の階層に合わせた見出しを使用してください。