レンサバ比較ガイド

HTMLタグリファレンス

ホームページ製作の基礎知識

HTMLとはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(HyperText Markup Language)の頭文字で、ウェブサイトを作成するための言語です。

タグ一覧

<a> リンクをはる、リンクの出発点・到達点を指定する
<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す
<acronym> 略語(頭字語)であることを表す
<address> 連絡先・問合せ先を表す
<applet> JAVAアプレットを挿入する
<area> イメージマップの領域を設定する
<article> 記事であることを示す
<aside> 余談・補足情報のセクションであることを示す
<audio> 音声を再生する
<b> テキストを太字にする
<base> 相対パスの基準URIを指定する
<bdo> 文字表記の方向を指定する
<basefont> テキストの基準サイズ・基準色・基準フォントを指定する
<bdo> 文字表記の方向を指定する
<bgsound> 効果音・BGMを鳴らす(IE独自の仕様)
<big> テキストのサイズをひとまわり大きくする
<blink> 文字を点滅させる(NN独自の仕様)
<blockquote> 引用・転載であることを表す
<body> 文書の本体を表す
<br> 改行する
<button> フォームの送信ボタン・リセットボタンを作成する
<canvas> 図形を描く
<caption> テーブル(表)にタイトルをつける
<center> センタリングする
<cite> 出典・参照先を表す
<code> プログラムのソースコードであることを示す
<col> 表の縦列の属性をまとめて指定する
<colgroup> 表の縦列をグループ化する
<command> 操作メニューの各コマンドを指定する
<comment> HTMLソースをコメントにする(IE独自の仕様)
<datalist> 入力候補となるデータリストを定義する
<dd> 定義した用語の説明を記述する
<del> 削除された部分であることを示す
<details> 備考や操作手段などの詳細情報を示す
<dfn> 定義する用語を明示する
<dir> リストを表示する
<div> ひとかたまりの範囲として定義する(ブロック要素)
<dl> 定義リストであることを表す
<dt> 定義する用語を表す
<em> 強調する
<embed> プラグインデータを埋め込む(NN独自の仕様)
<fieldset> フォームの入力項目をグループ化する
<font> フォントの種類・大きさ・色を指定する
<form> 入力フォームを作る
<frame> フレームに表示するファイルを指定する
<frameset> ウィンドウをフレームに分割する
<h1>~<h6> 見出しを付ける
<head> 文書のヘッダ情報を表す
<hr> 横罫線を引く
<html> HTML文書であることを宣言する
<i> テキストを斜体(イタリック)にする
<iframe> インラインフレームを作る
<ilayer> 相対位置にレイヤー表示する(NN独自の仕様)
<img> 画像を表示する
<input> フォームの構成部品(入力欄・ボタン等)を作成する
<ins> 追加された部分であることを示す
<isindex> 検索キーワードの入力欄を作る
<kbd> キーボード入力される文字であることを示す
<label> フォーム部品と項目名(ラベル)を関連付ける
<layer> 絶対位置にレイヤー表示する(NN独自の仕様)
<legend> フォームの入力項目グループにタイトルを付ける
<li> リストの項目を記述する
<link> 関連する文書ファイルを指定する
<listing> ソースをそのまま表示する(タグは解釈される)
<map> ひとつの画像に複数のリンクを設定する(イメージマップ)
<marquee> 文字をスクロールさせる(IE独自の仕様)
<menu> メニューリストを表示する
<meta> その文書に関する情報(メタ情報)を指定する
<multicol> 段組する(NN独自の仕様)
<nobr> 改行なしで表示する(NN独自の仕様)
<noembed> プラグインが利用できない環境用の表示内容を指定する(NN独自の仕様)
<noframes> フレームが表示できない環境用の表示内容を指定する
<nolayer> レイヤーが利用できない環境用の表示内容を指定する(NN独自の仕様)
<noscript> スクリプトが動作しない環境用の表示内容を指定する
<object> 文書にデータを埋め込む
<ol> 順序のあるリストを表示する
<optgroup> セレクトボックスの選択肢をグループ化する
<option> セレクトボックスの選択肢を指定する
<p> ひとつの段落(パラグラフ)であることを表す
<param> パラメータを指定する
<plaintext> ソースをそのまま表示する
<pre> ソースを整形済みテキストとして表示する
<q> 引用・抜粋であることを表す
<rb> ルビをふる文字を指定する(IEが独自に採用)
<rp> ルビを囲む記号を指定する(IEが独自に採用)
<rt> ルビの内容を指定する(IEが独自に採用)
<ruby> ルビの範囲を指定する(IEが独自に採用)
<s> 打ち消し線を引く
<samp> プログラムによる出力結果のサンプルであることを示す
<script> 文書にスクリプトを埋め込む
<section> 一般的なセクションの範囲を示す
<select> セレクトボックスを作成する
<small> テキストのサイズをひとまわり小さくする
<spacer> スペースを挿入する(NN独自の仕様)
<span> ひとかたまりの範囲として定義する(インライン要素)
<strike> 打ち消し線を引く
<strong> 強調する
<style> スタイルシートを記述する
<sub> 下付き文字を表示する
<sup> 上付き文字を表示する
<table> テーブル(表)を作成する
<tbody> テーブル(表)のボディ部分を定義する
<td> テーブル(表)のデータセルを作成する
<textarea> 複数行の入力フィールドを作成する
<tfoot> テーブル(表)のフッタ行を定義する
<th> テーブル(表)の見出しセルを作成する
<thead> テーブル(表)のヘッダ行を定義する
<title> 文書にタイトルをつける
<tr> テーブル(表)の横方向の一行を定義する
<tt> 等幅フォントで表示する
<u> テキストに下線(アンダーライン)を引く
<ul> 順序のないリストを表示する
<var> 変数や引数であることを示す
<wbr> NOBR内で改行しても良い位置を指定する(NN独自の仕様)
<xmp> ソースをそのまま表示する