エックスサーバーWordPressをインストールする

格安のレンタルサーバーでもWordPressが使えるサーバーはたくさんありますが、WordPressは意外と負荷が高く、表示が遅かったり、503エラーが多発したりといった問題があります。
月額1,000円の予算が出せるならWordPressがストレスなく動作するエックスサーバーがおすすめ。
ここではエックスサーバーにWordPressをインストールする方法を説明します。

目次
WordPressの自動インストール
WordPressがインストールされたか確認しましょう
WordPressを高速に動作させる

WordPressの自動インストール

エックスサーバーはWordPressの自動インストール機能があります。最新版のWordPressにもいち早く対応しているので、新しいバージョンもすぐに使えます。

ますは、サーバーのコントロールパネルのメニューから「自動インストール」をクリックします。

次にWordPressをインストールしたい独自ドメインを選択してください。

自動インストールを開いたら「プログラムのインストール」をクリックしてください。

WordPress 日本語版となっているのを確認し、「インストール設定」をクリックします。

必要な情報を全て入力し、「インストール(確認)」ボタンをクリックしてください。

「自動でデータベースを生成する」を選択した場合、MySQLのデータベース名、、ユーザ名、パスワードが自動で発行されます。確認して「インストール(確定)」ボタンをクリックしてください。

以上でWordPressの自動インストールは完了です。ログイン情報やMySQL情報は大切の保管してください。

WordPressがインストールされたか確認しましょう

http://[インストールURL]/wp-admin/
にアクセスするとWordPressの管理画面へのログイン画面が表示されます。
ユーザー名、パスワードを入力してログインします。

ログインに成功し、管理画面のダッシュボードが表示されればインストールは完了です。

WordPressを高速に動作させる

エックスサーバーは高速に動作することで有名ですが、設定を変更して更なる高速化が可能です。

エックスサーバーではGoogleが開発した「mod_pagespeed」が導入されています。mod_pagespeedを有効にすることで高速化ができます。
特に理由がなければmod_pagespeedを有効にしておきましょう。

エックスサーバーに関する記事一覧

おすすめ特集

コストパフォーマンスの高いサーバーならエックスサーバー。同じ価格帯の中では群を抜いた性能でコスパが高いサーバーと言えます。
MySQLが50個まで使えますので、複数サイトの運営も問題ありません。稼働状況も安定しているので信頼性の高いサーバーです。

公式サイトはこちら