レンタルサーバー比較ガイド

レンタルサーバー一括比較

エックスサーバーのPHPのバージョン

WordPressなどphpで開発されたプログラムを使用する場合はあらかじめ動作環境を確認しましょう。
WordPressはPHP5.2.4以上であれば動作しますが、推奨動作環境はPHPバージョン5.6以上となっています。
ここではエックスサーバーで利用できるPHPのバージョンと変更方法について説明します。

目次
利用可能なバージョン
バージョンの変更方法
コマンドラインで使用するバージョン変更

利用可能なバージョン

エックスサーバーではPHP5.6やPHP7.0といった新しいバージョンが使用できます。

バージョン サポート状況 備考
PHP7.2.x / 7.1.x / 7.0.x 公式サポート PHP 7.x.xは、PHP5.6.xと比較してパフォーマンスが大幅に強化されています。
PHP5.6.x 公式サポート
PHP5.5.x 公式サポート サポート期間の長いPHP5.6.xへの移行を推奨
PHP5.4.x バージョンアップ予定なし 新規での利用は非推奨
PHP5.3.3 OSベンダーによるパッチでのセキュリティ修正 PHP5.6.xへの移行を推奨
PHP5.2.17 バージョンアップ予定なし 新規での利用は非推奨
PHP5.1.6 バージョンアップ予定なし 新規での利用は非推奨
PHP4.3.9 バージョンアップ予定なし 新規での利用は非推奨

バージョンの変更方法

サーバーパネルへログインし、「PHP Ver.切替」をクリックしてください。

現在のバージョンを確認し、「変更後のバージョン」より変更希望のバージョンを選択ください。

コマンドラインで使用するバージョン変更

まず現在のバージョンを確認します。

php -v

現時点でのデフォルトのバージョンが5.3.3となっているため、使いたいバージョンでは無い場合は変更する必要があります。
コントロールパネルのPHPバージョンを変更しても、コマンドラインPHPのバージョンは変わらないため、以下の方法で変更します。

(1)使用可能なPHPバージョンを調べる

find /opt/php-*/bin -type f -name 'php'

(2)PHPのシンボリックリンクを作成する

HOME直下にbinディレクトリを作成し、そこにPHPのシンボリックリンクを作成します。
ここではPHP5.5.9に変更することにします。

mkdir $HOME/bin
ln -s /opt/php-5.5.9/bin/php $HOME/bin/php

(3)パスを通す

.bash_profileのPATHの値を(2)で作ったbinディレクトリが優先されるように書き換えます。

  • 変更前 PATH=$PATH:$HOME/bin
  • 変更後 PATH=$HOME/bin:$PATH

(4)変更されたか確認する

以下のコマンドでバージョンを確認します。

php -v

もしもバージョンが変わっていない場合は、一旦ターミナルを終了し、再度sshで接続し直してから上記コマンドでバージョンを確認してください。

コストパフォーマンスの高いサーバーならエックスサーバー。同じ価格帯の中では群を抜いた性能でコスパが高いサーバーと言えます。
MySQLが50個まで使えますので、複数サイトの運営も問題ありません。稼働状況も安定しているので信頼性の高いサーバーです。

公式サイトはこちら

エックスサーバーに関する記事一覧

おすすめ特集